ご挨拶

北大西洋条約機構(NATO)日本政府代表部大使からのご挨拶

 

 7月1日に北大西洋条約機構(NATO)日本政府代表部が開設され,これに伴い,初代の同代表部大使に就任いたしました林 肇(はやし はじめ)です。

 NATOは,1949年に発足し,「集団防衛」,「危機管理」及び「協調的安全保障」の3つを中核的任務とし,本年7月現在,29カ国の加盟国から構成されております。
 日本は,もちろんNATOの加盟国ではありません。しかし,NATOとの間で,自由,民主主義,人権,法の支配といった共通の価値及び戦略的利益を共有しております。日本とNATOは,信頼出来る必然のパートナーとして,国際社会の平和と安定に貢献していけるものと考えております。
 実際に,日本は,NATO域外のパートナー国として最も長い関係があり,政治レベルだけでなく,実務レベルにおいても,アフガニスタンの安定や海賊対処など具体的な協力を行って参りました。

 今般の日本政府代表部の開設を契機といたしまして,サイバー防衛,海洋安全保障,人道支援・災害救助など幅広くかつ専門的な分野において,日本とNATOとの協力を進めて参りたいと考えております。

 皆さまにおかれましては,どうか,ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


平成30年7月 ブリュッセルにて
林 肇