仏語系ルーヴァン・カトリック大学(UCL)における日本古書展開幕式

9月20日、石井大使夫妻及び葛山書記官は、仏語圏ルーヴァン・カトリック大学における日本古書展の開幕式に出席しました。日本古書展は、日本・ベルギー友好150周年の一環として開催されました。同大学所蔵の13600点以上の日本古書や巻物の多くは、1921年6月20日、昭和天皇が皇太子(摂政宮)時代に同大学をご訪問された後、日本から寄贈されたものです。開幕式では、プレア副学長が開幕の挨拶を行い、ヴィルコット図書館責任者より同展の構成や展示品の紹介がありました。石井大使も、素晴らしい古書展を開催して頂いたことに感謝の意を表する挨拶をしました。(同展会期:10月8日まで。於:大学ギャラリー)

 

160923_UCL1 160923_UCL2 160923_UCL3
 160923_UCL4 160923_UCL5 160923_UCL6