小原家元いけばなデモンストレーション

10月4日、当館広報文化センターにおいて、小原流五世小原宏貴家元によるいけばなデモンストレーションを、日本・ベルギー友好150周年事業の一環として開催され、家元による4作品のデモンストレーションが披露されました。小原流が考案した「盛花」などの形式、花器、花材等について丁寧な説明とともにデモンストレーションは進められ、満席の会場で、参加者は花器の上に生み出される美しい花の芸術に熱心に見入っていました。 また、小原流ベルギー支部は本年25周年を迎え、家元を迎えたこの機会にあわせ、10月2日には、メイス植物園での記念展示及び家元によるワークショップが開催されました。

 

161004_Ohara0 161004_Ohara2