「Ars Musica」のオープニング

11月12日、ボザールにおいて、現代音楽フェスティバル「Ars Musica」のオープニングが開催され、石井大使夫妻他が出席しました。本年のArs Musica 2016は、日・ベルギー友好150周年にあわせて、日本をテーマ国としています。ポール・ドゥジャルダン・ボザール最高責任者及びブルノー・ルトーArs Musicaフェエスティバル代表によるスピーチに引き続き、石井大使が挨拶を行いました。オープニング・コンサートでは、日本人作曲家・武満徹、藤倉大、石井眞木の作品が演奏され、琵琶、尺八のソロと太鼓グループがブリュッセル・フィルハーモニック・オーケストラと共演しました。特に、オーケストラと太鼓の新鮮な組み合わせは盛り上がり、観客は立ち上がり大きな拍手を送りました。

Ars Musica 2016は、ブリュッセル他の各都市・会場で、11月27日まで開催されます。

 

161112_Ars1 161112_Ars2