日本人会主催第25回日本語スピーチコンテスト

11月26日、ブラッセル日本人学校において、日本人会主催第25回日本語スピーチコンテストが、日本・ベルギー友好150周年事業の一環として開催され、石井大使夫妻が審査員として出席しました。

サラ・コレイアさんが「予想外の素敵なところ」という題で、台湾への留学と日本への思いについてスピーチを行い、優勝しました。日・ベルギー友好150周年にあわせた150周年特別賞は、マルー・ヴァン・デン・フーヴェルさん(「希望、理想と着ぐるみ」)が、大使奨励賞はイリス・グリムさん(「色」)が受賞しました。スピーチコンテスト第25回という記念の回にあたり、第1回優勝者のフランソワーズ・ヴェルレイさんも招かれ、スピーチを行いました。

 

161126_Speech1 161126_Speech2&