和の味覚レクチャー・デモンストレーション

10月12日、広報文化センターにおいて、当館とJETROブラッセル事務所との共催で、日本の調味料をテーマとしたセミナーが行われ、林大使の挨拶において、ベルギーにおける和食人気に言及しつつ、和食における調味料の重要性について紹介を行いました。
  参加者は梅干しや山椒、ポン酢といった日本の調味料についてのレクチャー、ブラッセル在住の清野シェフによる鮭の昆布締め、ぬか床についてのデモンストレーションとレクチャーを聞き、その後は日本の調味料を当地の料理に応用したメニューを試食しました。調味料の生産者等との直接のコンタクトも行われ、新しい食の世界の広がりを感じさせるイベントとなりました。

171012_jetro1 171012_jetro2 171012_jetro3