「第9回いけばな・インターナショナル欧州地域大会」

 8月27日から31日まで、ブリュージュにて、「第9回いけばな・インターナショナル欧州大会」が開催され、林大使夫妻及び河野書記官が出席しました。28日に聖ワルブルガ教会で行われた公式オープニングに続き、ブリュージュ市庁舎にて歓迎レセプションが行われ、主催者代表、ガッツ・フランダース地域政府文化大臣からの挨拶に続き、林大使より、「日本を発祥の地とするいけばなは今や世界中の人に愛される芸術となっており、いけばな・インターナショナルに流派を超えていけばなを愛する人が集まっている、今回の欧州大会がベルギーの歴史ある美しいブリュージュで開催され、ベルギー、欧州はもとより、世界中から関係者が集まったことは意義深い」として祝辞を述べました。30日には一葉式いけ花次期家元粕谷尚弘氏による、若々しい力のこもったデモンストレーションが聖ワルブルガ教会で行われ、参加者は大胆かつ繊細ないけ花の世界に感銘を受けました。


180827_ikebana1 180827_ikebana2 180827_ikebana3 180827_ikebana4