各種証明

在留証明 | 署名証明 | 出生・婚姻等身分事項証明 | 運転免許抜粋翻訳証明 | 警察証明 | 手数料

在留証明 (郵送による証明書申請の事前送付について)

ベルギーにおける住所(居住)を証明する書類で、日本における遺産相続、不動産登記、銀行借入、受験手続等の際に必要とされます。

必要書類
有効な日本国旅券  
ベルギー滞在許可証  
現住所の居住開始日及び引き続き居住していることを立証する文書 イ.ご本人のみを証明する場合:
  1. 居住証明書(コミューン発行) 原本+写し
    • (仏)Certificat de résidence(3ヶ月以内のもの)
    • (蘭)Getuigschrift van woonst(3ヶ月以内のもの)
ロ.同居家族の一部または全員を証明する場合:
  1. 各自の有効な日本国旅券
  2. 申出書(当館備え付け)
  3. 同居家族の構成を立証する文書(コミューン発行)原本+写し
    (ご家族が同居されていることを確認するため) 
    • (仏)Composition de ménage(3ヶ月以内のもの)
    • (蘭)Samenstelling van het gezin(3ヶ月以内のもの)
戸籍謄(抄)本 但し、本籍地番までの記載が必要な場合(6ヶ月以内のもの)

* 申請及び受領は原則、申請者本人が出頭すること。但し、やむを得ない事情(入院等)により出頭できない場合は、申請者本人よりの委任状をもって、代理人による代理申請及び受領ができます。

* 提出先は,「○×銀行」,「△□大学」のように,具体的な名称を記入できるように予めご確認ください。

* 証明書の住所を定めた年月日は疎明資料に記載されている年月日に基づきます。

* 本籍地の都道府県名の表記が必要であれば現有旅券で立証ができます。

交付:申請日より2日後以降(休館日を除く)

手数料

年金受給のための在留証明申請

申請は、原則ご本人来館となりますが、即日発給いたします。また過去に当館にて、手数料が免除となる年金受給に係る在留証明書を発給させて頂いている方で、お電話等でご本人確認が可能な場合に限り、郵便での申請及び受領も可能です。
詳細については、領事部までお問い合わせ下さい。(電話:02-500-0580)

以下の公的年金は、法令上、手数料が免除となります。

    • ア.恩給
    • イ.執行官年金
    • ウ.国会議員互助年金
    • エ.戦傷病者戦没者遺族等援護法による年金
    • オ.国民年金
    • カ.労働者災害補償保険年金
    • ク.文化功労者年金

但し、以下の年金については、手数料免除の対象とならず、発給手数料が必要です。

国民年金基金・企業年金(「〇〇厚生年金基金を含む」)

年金受給のための在留証明の必要書類
  • 有効な日本旅券
  • ベルギー滞在許可証
  • 日本年金機構からの郵便物(封筒及び年金請求書または現況届確認のためのハガキ)
  • 現住所にお住まいであることを立証する書類
              (例)公共料金(水道・電気・ガス等)の請求書または領収書
                 社会保険(Mutualité/Mutualiteit)のラベルなど
 

署名証明

申請人の署名及び拇印が本人のものに相違ないことを証明します。署名すべき文書がある場合と、文書はなく、署名単独を証明する場合があります。(ともに印鑑証明の代わりとなります)

文書の例:遺産相続、不動産登記、銀行ローンまたは自動車の名義変更などの手続き関係書類等

必要書類
旅券  
署名を必要とする文書 遺産分割協議書、不動産登記、銀行ローン、自動車名義変更、委任状など
ベルギー滞在許可証  
申請者本人が当館担当者の前で署名を行っていただきます。代理申請や、事前に署名された文書については証明することができません。
申請用紙に署名証明の日本国内提出先を記入する必要があるため、予めご確認下さい。併せて署名すべき文書の有無もご確認ください。
交付: 申請日より2日後以降(休館日を除く)
手数料

出生・婚姻等身分事項証明 (郵送による証明書申請の事前送付について)

ベルギーでの滞在許可証、学校の入学等のために、日本の戸籍謄(抄)本から証明します。当館では目的別に主に次の証明書をフランス語又はオランダ語にて作成しています。該当部分をクリックすると、申請用紙がPDF(Portable Document Format)形式でダウンロード出来ます。

各種証明書 申請書 記載例

CERTIFICAT DE NAISSANCE / GEBOORTECERTIFICAAT
(出生証明書)

shussei_110704 shussei_example_110704

CERTIFICAT DE CELIBAT / CERTIFICAAT ONGEHUWDE STAAT
(独身証明書)

dokushin_110704 dokushin_example_110704

CERTIFICAT DE MARIAGE / HUWELIJKSCERTIFICAAT

(婚姻証明書【日本人同士】)

(婚姻証明書【国際結婚】)

konin_nihonjin_110704
konin_kokusai_110704
konin_nihonjin_example_110704
konin_kokusai_example_110704

Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。右下のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。

必要書類
申請書 上記の証明書をクリックして印刷するか、窓口に用紙があります
最近6ヶ月以内に発行された戸籍謄本 独身証明書、婚姻証明書は3ヶ月以内の戸籍謄本
出生証明書は戸籍抄本でも可

(注) 事前に在京ベルギー大使館にて査証を取得せず、当地のコミューンにて滞在許可証(ID)を申請される場合(例:後からご到着の駐在員ご家族、ベルギー人との同居、婚姻手続き等)、必要書類とされる戸籍謄(抄)本の抜粋証明(出生、独身、婚姻等)には、原則、日本国外務省発行のアポスティーユ(付箋による証明)の添付が要求されております。

当館作成後の証明書に、改めてアポスティーユを添付することはできませんので、ご注意下さい。

なお、ベルギーにてご出産される際に必要な婚姻証明書を作成する場合の戸籍謄本には、アポスティーユの添付は必要ありません。

アポスティーユの申請については、こちら をご覧下さい。

ベルギー滞在許可証  
なお、氏名が非ヘボン式のつづりで表記されている方は IDカード など外国官憲発行の書類を併せて提出して下さい。
注) 戸籍謄本には一部記載されない事項(離婚・死亡・婚姻地など)があります。証明すべき事項が記載されていない場合は、「改正原戸籍」「除籍謄本」なども併せて必要になります。
交付: 申請日より3日後以降(休館日を除く)
手数料

*ベルギーで婚姻するために出生証明書などが必要な場合は「ベルギーにおける婚姻について」をご参照下さい。

国籍証明

ベルギーでの婚姻、離婚、入学手続き等のために、日本旅券から証明します。当館では、目的別にフランス語またはオランダ語にて作成します。

必要書類 申請書 記載例
申請書 用紙はPDF形式でダウンロードできます。または、窓口に用紙があります。 kokuseki_170825 kokuseki_example_110704
有効な日本旅券  
戸籍謄(抄)本 発行から6ヶ月以内のもの
ベルギー滞在資格が分かるもの 査証、滞在許可証等
申請目的を立証する書類 コミューンからの必要書類リストまたは弁護士等からのレターなど
写真1枚 縦4.5cm×横3.5cm 6ヶ月以内に撮影したもの(写真の例)
国籍関係確認書 窓口に用紙があります
ベルギー滞在許可証  
交付: 申請日より3日後以降(休館日を除く)
手数料

運転免許抜粋翻訳証明 (郵送による証明書申請の事前送付について)

日本の運転免許証の内容を証明する書類です。ベルギーの長期滞在者がベルギーの運転免許に書き換える場合に必要な書類です。詳しくは「運転免許証について」を参照ください。代理人による申請/受領が可能です。その際には以下の必要書類と共に、所用事項をご記入済の委任状をお持ち下さい。また、代理人となる方は、ご本人確認書類として、パスポート又はベルギー滞在許可証をお持ち下さい。

必要書類 申請書 記載例 委任状
申請書 用紙はPDF形式でダウンロードできます。または、窓口に用紙があります。 unten_170710 unten_example_120111 委任状(運転免許用)
有効な日本の運転免許証  
旅券  
写真1枚 縦4.5cm×横3.5cm 6ヶ月以内に撮影したもの(写真の例)
ベルギー滞在許可証 申請中の場合は旅券のみで構いません。また、代理申請の場合には申請人の同許可証のコピーをお持ち下さい。
交付: 申請日より3日後以降(休館日を除く)
手数料
 

警察証明(無犯罪証明)

申請人の日本における犯罪歴の有無を証明する書類です。申請人が当館で直接採った指紋を元に日本の警察庁が発行する書類で、滞在許可申請等のため当地官憲当局に提出する場合または他国への査証や各種申請に必要です。

申請条件

申請者本人が出頭し申請する必要があり、手続きは予約制となっておりますので、詳細につきましては直接領事部までお問い合わせ下さい。