領事サービス・安全対策メールマガジン

2020/4/6

新型コロナウイルス対策(ウィルメス首相による国民向け演説(5日))


昨5日,ウィルメス首相がこれまでの対策の総括として、国民向け演説を発表いたしましたので、そのポイントを以下のとおりご案内いたします(なお,各項の見出しは当館にて適宜付けたものです)。

(参照アドレス:ウィルメス首相のホームページ(演説原文,動画あり))
https://www.premier.be/fr/allocution-de-la-premiere-ministre

(措置の順守の要請)
●政府が講じている一連の困難な措置は、我々の習慣や社会生活、経済生活を狂わせている。他の全ての者と同じように、自分も心から自由を愛している。犠牲は、特に一人でいる者にとっては、大きく苦しいものであるが、これまでの犠牲を無駄にすべきではない。

(新型コロナウィルス拡大の状況)
●専門家は、我々の取り組みの効果が感じられると一致。効果は、ウィルス拡大のリズムや,使用中のベッドの倍増率等の複数の指標に見ることができる。これまで病院の飽和状態、特に集中治療室の飽和状態を避け、患者を別の病院に移送することができているが、感染の頂点のあとでないと、入院数や死亡者のピークは、感染のピークの後にやってくるため、ここ数週間の発表(当館注:定例の記者会見などベルギー政府による発表)が、非常に悪いものになることを懸念。

(コロナ拡大防止に尽力している部門)
●警察の命令には、従わなければならない。警察は、我々を守るために存在しており、煩わせるためにいるのではない。
●医療関係者は、日々証明されている非常に大きな勇気を以て、我々を導いている。医療関係者の労働条件についての問題は、我々の懸念の中心となっている。

(医療関係)
●ベルギーは、世界で最も発展している健康保険制度を有しており、非常に大きな能力があるが、国際的には、ベルギーのような先進国であっても困難に直面している。医療品の供給不足はその証左。連邦政府、地域政府・共同体政府、医療サービス関係者は、毎日毎日、マスク、質の高い医療器材、医薬品を見つけるために戦っている。連邦政府は、5000万枚のマスクをすでに発注。
●国王も全面的に貢献。外交上チャンネルを通じた働きかけを支援。
●医療検査については、新技術の開発や検査が実施可能な研究所の運営によって、検査能力が増えている。先週、一日4~5000人の検査を実施していたのであれば、来週は一日10000人に達するだろう。これは、大学と研究所とのすばらしい協力の結果であり、ベルギーは誇りにしてよい。検査機材は、常に優先順位に従い、より必要な者に提供され、検査が行われる。これは、選択ではなく、必要だからである。
●外国から輸入できないものは、自国で製造したい。製薬業界、繊維業界、医療機器業界との会合を行い、どのような方法で自国生産の取り組みを始めることができるか調査している。

(社会・経済)
●雇われている者や自営業の収入を保証するため、特に経済的失業や失業手当をはじめとする一連の措置を非常に素早く講じた。企業は、さまざまなメカニズムを通じて支援される。また、続いて、他の支援措置が健康保健部門の支援のために講じられる。

(避難民や弱者の保護)
●避難民や最も脆弱な者の支援のための措置も実施。これらは,議会及び社会パートナーのチームとともに、連邦政府のレベルで決定された。それだけではなく、地域政府や共同体政府も措置をとっており、市や公共社会活動センター(CPAS)も必要な者への支援を行っている。

(今後の見通し)
●いつ日常を取り戻せるのかについて多くの照会がある。我々は皆、通常に戻りたいと切望している。国家安全保障会議において、外出規制措置は、4月19日まで適用すると決定した。必要ならば、5月3日まで延長できる。いずれにせよ、毎週評価の作業を継続する。
●やがて、完全にこの困難が過ぎ去るであろう。誰しもいつその時が来るか正確にいうことはできないが、そのための準備を行う。より一般的ないい方をすれば、移行期を準備しなければならない。なぜなら、通常へ戻ることは、漸進的にしかできないからである。そのため、我々は、科学、経済及び社会分野におけるハイレベルの専門家グループを設置することとした。
●我々を待っているのは再建のための長いプロセスである。より一般的ないい方をすれば、他者との関係においても、社会の機能においても、新型コロナウィルスには、事前と事後がある。
●自分(「ウィ」首相)に対し直接または公開テキストを通じて、質問したり、懸念や、時には怒りを表明するため、文書を送ってくる者は多い。応援や前向きな文書を送ってくる者も多い。その性格の如何を問わず、これらの書面により、力や決意を感じている。

*****************
■■滞在状況アンケート実施中です!お済みでない方はこちらから■■ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd4oPasoBCBkkcmqqKs0VZek94YyQW0jYpdcr1fSJxL_jYfRA/viewform
*****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html
*****************
■■新型コロナウイルスに関する「風評被害」を受けた方は,こちらまで■■
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhpL1ReY0hfydCMksXdJMEzztfC0XsQErx5TDcOaQ8tHr8CA/viewform
*****************

【お問い合わせ先】
在ベルギー日本国大使館
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部)
Fax :(02) 513-4633
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete