領事サービス・安全対策メールマガジン

2013/10/13

[在ベルギー大使館]領事・安全対策メルマガ第16号(2013年10月13日)


  • 在留届の様式の変更
  • 犯罪被害事例
  • 広域情報・海外安全ホームページ
  • 10月・11月の休館日

〇 在留届の様式の変更

 本年9月30日より在留届の様式が変更になりました。

 これは,在留届の様式を定めた旅券法施行規則の改正によるものです。

本件改正により,2つ目のメールアドレスや,携帯電話番号等,より詳細な記載を行っていただくこととなりました。これにより,テロや大規模災害などの緊急事態発生時等に,皆様に適時適切に情報提供できることとなります。

また,今回の改正に伴い,平成26年4月1日より,以下の方については,当館管轄地域から転出したものとして扱わせていただくことがありますのでご了承下さい。

1 「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日を経過しても何のご連絡も頂けず,さらにその後1年間,当館にて在留が確認できない方

2 「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日が到来していない方のうち,1年以上の期間にわたり当館より連絡がつかない方

 これまで住所変更をしたにもかかわらず届け出を行っていない方,記入した滞在期間の超過後も引き続き滞在されている方は,この機会に変更のための届け出をお願い致します。

 本件の詳細及び用紙のダウンロードについては,以下のページをご覧下さい。

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_zairyutodoke.html

〇 9月の犯罪被害事例

 9月中に大使館に届けられた邦人の犯罪被害の件数は4件であり,昨年同月比:-19件となりました。1月~9月の累計では昨年同期比、-74件となりました。

 9月分の【被害届出分析表】及び【届出事例概要】は,以下のページをご覧下さい。

Higaijirei_2013_09.pdf 

※スリや盗難に遭い,クレジットカード,身分証明書等を盗られた場合,その後も電話で新しいクレジット番号を聞き出そうとしたり,手紙などで詐欺をはたらこうとするために犯人から接触がある場合があります。不審な電話や手紙には注意し,容易にクレジット番号や,暗証番号を言ってしまったり,金銭を振り込んだりせず,必要に応じ警察に届けて下さい。

※ビュッフェの会場で,席に荷物を置いたまま食べ物を取りに行き,貴重品を置き引きされる例が非常に多くあります。テーブルを離れる際には,貴重品を持って行きましょう。

〇 広域情報・海外安全ホームページ

 外務省より,渡航情報(広域情報)「テロの脅威に伴う注意喚起」発出されています。

 詳細は,以下のページをご覧下さい。

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_ryojibu_130926.html

 又は

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2013C406 

 これ以外にも,広域情報(複数の国や地域にまたがる広い範囲で注意が必要な情報)や,国ごとのスポット情報や危険情報が,海外安全ホームページに掲載されています。海外安全ホームページには,モバイル版,メールサービスもあります。外国にお出かけの前にご覧下さい。

http://www.anzen.mofa.go.jp/ 

〇 10月・11月の休館日

 10月14日 体育の日

 11月 1日 万聖節

 11月11日 第一次世界大戦終結記念日

(注:当館休館日は,当地における休・祝日を原則としつつ,日本における官公庁の休館日数にそろえています。)