領事サービス・安全対策メールマガジン

2020/4/30

新型コロナウイルス感染新規症例の発生(10日)


1 本10日,ベルギー公衆衛生省の発表によると,ベルギー国内において新型コロナウイルスの新規症例が新たに1,684件確認され(フランダース地域:915名,ワロン地域:570名,ブリュッセル:178名,居住地不明:21件)その結果,当地での確定症例数は26,667件となりました。

また,3月15日から4月9日までの間に,5,568名の方が治癒して退院(過去24時間中の退院者は404名)している一方,この24時間で新たに325名の方の死亡が確認されると共に,3月18日から3月31日までの間にフランダースの養護施設や介護施設で死亡した171名が遡及して追加され,その結果,死亡者の合計は3,019名となりました。

9日現在,病院のベッドについて,5,610名の感染者(過去24時間中の入院者は462名)が利用しており,そのうち1,278名が集中治療室(全体の中での占有率は58%)が利用している状況です。

(参考アドレス:ベルギー公衆衛生省新型コロナウイルス特設ページ(仏語))
https://www.info-coronavirus.be/fr/news/1684-nouvelles-infections-au-covid-19/
(参考アドレス:ベルギー国立公衆衛生研究所関連ページ)
https://epidemio.wiv-isp.be/ID/Pages/2019-nCoV_epidemiological_situation.aspx

2 なお,本日の記者会見で発表された内容のポイントは以下のとおりです。
(1)老人ホームでの感染検査に関しては,現時点で5406件以上登録され,現在検査実施中または検体をラボに持ち込み中。結果は明日以降,統計にカウントされる見込み。
(2)いくつかの異なる宗教上の祝祭日が近づいているが,外出規制等措置の継続が重要。宗教施設は開放され得るが,責任者は社会的距離の確保に努めなければらなない。葬式・結婚式を除き,他の宗教サービス等は禁止。演説などは遠隔での実施は問題なし。祝祭は自宅で同じ屋根の者同士のみ可,他の家族や友人の訪問は許可されない。食料品店は開店可だが,社会的距離を確保するとともに,客の混雑に予め備えるべき。
(3)(精神疾患や自閉症を抱える感染者が入院を拒否されているケースがあるとの指摘について)この会見は個々人の状況について見解を述べる場所ではないが,入院にかかる決定は,各医療機関がそれぞれの客観的基準に基づき行うものであり,しばしば,社会的・心理的要因など他の要因も考慮して行われる。精神疾患や自閉症ということだけを理由に拒否されたとは考えるべきでない。医師・家族・患者の意見や希望等を踏まえた複合的な決定である。
(4)(老人ホームに対して病人を他の施設に移送しないよう推奨しているように思われる,老人ホームにはしばしば十分なリソースがないことが多いとの指摘に対し)現在,病院には,入院が必要な人を受け入れるための場所がある。複数の老人ホームでは,多くの病人を抱えているのみならず,職員不足など,難しい状況にあるが,新たに職員を探すなど,ケースバイケースで解決策を見出そうとしている。年齢に拠らず,病人の入院が拒否されることはない。他方,入院,特に集中治療室入りを決定する際には,患者・家族・医者が相談する必要がある。特定の状況下では,話し合いが行われた上で,病人にとっての最良の選択肢として,入院しないとの決断が下されることもある。しかし,病人が入院を拒否されることはない。
(5)(仏では,人々が陽性と診断された者と接触する際,人々にリスクを知らせるアプリを導入する予定とされているが,ベルギーでは外出規制等措置解除の枠組みで同様の措置を導入する予定があるかとの問いに対し)措置解除は複雑な手続きであり,既に行われている措置を強化するとともに,他の新たな措置を導入することになる。陽性の者と接触する人,すなわち感染リスクが高まる人の追跡は,措置解除の枠組みにおける重要な要素の一つ。この数週間から数か月にかけ,他国同様,技術的見地からあらゆる可能性を検討し準備を進めており,解決法の提案に向けかなり前進している。他方,この技術は,社会疫学の文脈で導入されなければならず,また,導入を可能とする必要なインフラが整備される必要がある。
この技術が必要とされる日が来れば,他のアプローチを補完する形で,おそらく利用可能となるであろう。 (6)複数の老人ホームでは人手不足となっており困難な状況にある。3地域はそれぞれ,ボランティア登録のためのプラットフォームを開設しており,医療やロジの知識を有する人などのボランティア参加を歓迎している。

(参考アドレス:ベルギー公衆衛生省による記者会見動画)
https://www.info-coronavirus.be/nl/live-pressconferences/

*****************
■■滞在状況アンケート実施中です!お済みでない方はこちらから■■ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd4oPasoBCBkkcmqqKs0VZek94YyQW0jYpdcr1fSJxL_jYfRA/viewform
*****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html
*****************
■■新型コロナウイルスに関する「風評被害」を受けた方は,こちらまで■■
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhpL1ReY0hfydCMksXdJMEzztfC0XsQErx5TDcOaQ8tHr8CA/viewform
*****************

【お問い合わせ先】
在ベルギー日本国大使館
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部)
Fax :(02) 513-4633
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete