領事サービス・安全対策メールマガジン

2020/12/1

新型コロナウイルス対策(公衆衛生省記者会見ポイント:30日)


本日30日11時、公衆衛生省による記者会見が行われましたところ、主なポイントを以下のとおり御案内いたします。

(参考アドレス:ベルギー公衆衛生省による記者会見動画)
https://www.info-coronavirus.be/en/live-pressconferences/

【感染状況の概観】
全体として、ここ数週間と同様、新規感染者数、入院者数、死亡者数ともに幸いにして減少が続いている。警戒すべき点として、フランダース地域では、入院者数(の減少)がやや停滞気味と思われ、現時点では、その原因についての明確な説明は無い。

【新規感染者数】
(新規)感染者数は、直近の7日間について1日あたり平均2,390人、37%の減少となった。これにより、我々は新規感染者数を11日間毎に半減させることになる。この減少は全ての年齢層で起こっているが、子どもや青少年の間ではあまり顕著ではなく、これらのグループでは、陽性率がわずかに上昇している。この点をフォローしなければならないことは間違いないが、現時点で結論を出すには早すぎる。その他の年齢層については、その分布は引き続き典型的なものであり、感染者の半数以上は20歳代から60歳代であり、感染者の15%が80歳以上、同10%が子ども・青少年の年齢層に位置している。
感染者の絶対数では、引き続きエノー州が第1位であるが、これまでに比べれば大幅に減少しており、1日あたり平均348人であった。ワロン地域の州とフランダース地域の州の間にあった差は縮まっており、アントワープ州及び東フランダース州が同342人と、エノー州の感染者数の水準に非常に迫っている。

【入院者数】
新規入院者数は全ての州で減少しており、1日あたり平均229人、25%の減少となった。この傾向が続けば、クリスマス及び新年までに一日当たり約75人の水準まで減少する。この減少ペースは、フランダース地域では比較的緩やかであり、ブリュッセル首都圏地域では同26%、ワロン地域では同36%の減少となっている一方で、フランダース地域は15%の減少に止まっている。ここ数日、フランダース地域の病院の新規入院者数の低下が「安定」しているようであるが、理論的にはワロン地域からフランダース地域への(患者の)移送はその理由として該当しえず、原因は明らかではない。現在、合計3,989人の新型コロナウイルス患者が入院しており、そのうち906人が集中治療室にいる。

【死者数】
死者数は1日あたり平均133人、前週比24%の減少となった。

【質疑応答】
(問)新たな検査戦略(当館注:23日以降、無症状者に対しても検査を行うことになったもの。)の影響が、数字上で見られるのはいつ頃か?
(答)現在、毎日約28,000件の検査を実施しており、まだこの数字について顕著な増加は見られていない。現在の勧告では、(濃厚接触日・「赤ゾーン」からの帰国日から)7日目に検査を実施するよう求めているが、これが適用となったのはつい最近のことであることを忘れてはならない。したがって、検査数の増加が見られる可能性があるのは早くとも今週中であり、この手の情報を得るには時期尚早である。

(問)学校の再開から2週間が経過。学校内や教師の間での感染の数値に支障(悪い影響)がないことは継続しているか?
(答)CLB(フランダース地域:学習指導センター)及びPMS(ワロン地域:精神・医療・社会センター)の数字によれば、子ども及び教師のどちらについても、感染者数は非常に低いといえる。これはバカンスを経て、顕著に感染者数を減少させる「リセット」効果があったものと考えられる。
我々が現在使用しているのは、学校再開後1週間のデータであり、(学校再開の)影響が現れるにはまだ早い。これらの個別のグループでの感染の再開の有無について、現状に合致した指標を我々に提供してくれる数字を得るためには、理想的には、あと1週間または2週間待つ必要がある。現在、0歳から20歳の層における感染者数は他の年齢層に比べて引き続き低くなっており、これらのグループにおいて顕著な数字は見られない。しかし、本日すでに警告したとおり、陽性率にわずかな上昇が見られており、これが何を意味するのか、バカンス後に再会したグループで感染が再び起こっているのかどうかについては今後分析されるはずであり、近日中に更なる情報をお伝えしたい。

【その他】
次回の記者会見は12/2(水)11時予定。

*****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html
*****************
■■ベルギー国立公衆衛生研究所では,新型コロナウイルスに関する感染者数等の情報を公表しています(毎日午前4時に更新)
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_200923-1.html
*****************

【お問い合わせ先】 
在ベルギー日本国大使館 
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique 
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部) 
Fax :(02) 513-4633 
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html 

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。 
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete