姉妹都市連携強化レセプション

 1月24日、大使公邸において、林大使主催による姉妹都市連携強化レセプションが開催されました。第6回目となる今回は、マユー・ワロンブラバン州知事、レインデルス・リンブルグ州知事や、ルクレール・シャルルロワ副市長、ドッキエ・デュルビュイ副市長、エル・ブダーティ・ヴィルヴォールド副市長、バックス・メッヘレン市議会議長等の政治レベルの参加者を始め、姉妹都市、友好港やその他の日本と関係の深い自治体等の関係者が出席し、活発な意見交換、ネットワークの強化が行われました。林大使からは、今年は天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位という日本にとり節目の年にあたり、ハイレベルの人的往来が今後さらに活発化することが期待されるが、同時に姉妹都市、姉妹港等の地域に根ざした人と人との交流も、合わせて一層進展していくことを願っていると述べ、関係者に謝意を表明しました。その後の懇親の場では、和食と日本酒や日本産ワインを共に味わい、関係者の連携と姉妹都市関係の一層の促進に向けた良い機会となりました。


190124_sistercity1 190124_sistercity2 190124_sistercity3 190124_sistercity4 190124_sistercity5